網膜硝⼦体疾患・緑内障

網膜硝⼦体疾患についてVitreoretinal disease

網膜硝子体疾患は多彩ですが、加齢黄斑変性や網膜静脈閉塞症のように、硝子体注射が治療の中心となる疾患や、黄斑前膜・黄斑円孔・網膜剥離など手術が必要な疾患だけでなく、糖尿病網膜症のように内科との連携が必要な疾患もあります。

写真:硝⼦体イメージ

診療の流れ

患者様の訴えに応じて必要な検査・診察を行います。主に眼底検査・OCT検査・眼底撮影を行います。必要に応じて蛍光眼底造影検査や、OCTアンギオ検査を行い、より正確な診断を行います。

治療方法

抗VEGF薬硝子体注射は当院で可能です。黄斑前膜や黄斑円孔は当院で手術計画可能です。

網膜疾患の治療は散瞳検査を行うことが多いです。
散瞳検査が必要な場合、自動車・二輪車・自転車での来院はお控えください。

手術の詳細については、下記をご確認ください。

詳しい硝⼦体手術のご案内

緑内障についてGlaucoma

緑内障は日本人の中途失明の第1位で、早期発見早期治療が重要となります。当院では、早期診断だけでなく、薬物治療だけでは視野進行が止まらない患者様にも、レーザー治療や手術療法によって、進行を防ぐ方法を提案、施行することができます。

写真:緑内障イメージ

診療の流れ

視力・眼圧だけでなく、視神経の形状や、神経線維の厚みを見て、緑内障を疑います。視野検査を行い、特徴的な視野異常が検出されれば緑内障と診断され、治療開始となります。

治療方法

薬物治療
緑内障点眼、サプリメント
レーザー治療
選択的線維柱帯形成術、毛様体光凝固術
手術療法
トラベクレクトミー、トラベクロトミー、緑内障チューブシャント、水晶体再建術併用眼内ドレーン挿入術(i stent inject W®)

大学病院では「網膜硝子体外来」「緑内障手術外来」の専門外来を担当しておりました。疾患に応じて適切な治療を施します。
当院で治療が困難な場合は疾患ごとに適切な施設に紹介させていただきます。

網膜疾患の治療は散瞳検査を行うことが多いです。
散瞳検査が必要な場合、自動車・二輪車・自転車での来院はお控えください。

手術の詳細については、下記をご確認ください。

詳しい緑内障手術のご案内